ケガの証明は、医師が行いますが・・・

しかし、医師によって証明の内容に格段の差があることを、被害者は知らなくてはなりません。

たとえば、ある頚椎捻挫(ムチウチ)の被害者に対し、ある医師は軽傷と言い、別な医師は重症で手術が必要と言うことがあります。

これは、

  • 医師の専門性や、
  • 交通事故患者に対する偏見、

が影響します。

——————————————-

(1)医師の専門性

たとえば、膝を専門とする医師に頚椎捻挫のことをたずねても、教科書的な対応しかしてくれません。

一方、脊椎専門医にかかれば、非常に丁寧な診察が受けられます。

——————————————-

(2)偏見

そして、交通事故患者に対する医師の偏見も忘れてはなりません。

一般的に、医師は、交通事故患者を嫌います。補償目当ての詐病患者が少なからずいるからです。そのような患者には関わりたくないので、未然に防ぐために、交通事故患者というだけで冷たい態度を見せて追い出すことがあります。医師個人の方針であることもあれば、病院の経営方針であることもあります。その両方であればたまったものではありませんが、決して人事ではありません。意外と多いのです。特に、救急病院にその傾向が強くみられます。思い当たる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

意図的に軽傷の方向へと診断されるのですから、当然、補償に悪影響を及ぼします。

戻る

お問い合せ先ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ

  • 日本行政書士連合会第07261782号
  • 大阪府行政書士会第5407号
  • 障害者移動支援介助資格(全身性) 大阪第10-62-13-MKS-GHZ-MU11022715号
  • 障害者移動支援介助資格(知的・精神性)京第22-9-114号

tel

無料電話相談 受付 10:00~18:00 (火)~(土)

form

回答期間 通常、翌営業日には回答差し上げます。

お気軽にお問い合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です