徹底した総合検査で不安を解消

kojino_20120418-2 kojino_20120418-120120118TBI_ct図4i_adl i_adl i_koujinoukensa i_shita i_shita_cart

高次脳機能障害では、様々な検査を総合的に受けることが必須です。一つでも抜けると、全体評価を下げてしまいます。

9級10号認定(14級9号からの異議申立を受任) /早めの対策でスムーズに等級認定されるようになります /保護者選任 /事故当時/現在の状況 /ご家族の不安解消 /当サイトの無料相談はこのような方にお勧めします。(高次脳機能障害) /高次脳機能障害の成年後見は? /発生原因 となる病名一覧(高次脳機能障害) /失敗すると十分な検査が受けられなくなります (高次脳機能障害) /高次脳機能障害専門医と連携 /待っていても、「この検査が必要ですよ。」とは、誰も教えてくれません。後遺障害は被害者が立証しなければ意味がありません。(高次脳機能障害) /10年前の脳挫傷で5級認定(高次脳機能障害) /脳出血と高次脳機能障害 頭部MRI /~解決への近道~ 病院選びを間違えないこと。そうすれば、検査実施も慰謝料増額も難しくありません。(高次脳機能障害) /診断書の善し悪しによって、高次脳機能障害による慰謝料は、大きな違いを生みます /遠方の方でも、京都に通院されたことで、素晴らしい解決を達成できた事例 /急性硬膜下血腫の被害者を支援させていただいた経験 /伯母が事故で瀕死の重傷を負いました。(高次脳機能障害) /私の駆け出しストーリー(高次脳機能障害) /高性能MRI=3.0テスラ 異常の発見に役立ちます

 

 

お気軽にお問い合せください。

トップページへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です